>  > 栄町の風俗業界の現実

栄町の風俗業界の現実

現在の風俗業界は2極化が進んでいることをご存知だろうか?2極化とは、風俗店とデリヘル店という2つの大きなジャンルを指すことになります。具体的には、ウェブ検索をした際に風俗という意味合いが大きく変わったことを意味しています。つまり、店舗型ファッションヘルスとデリバリーヘルスとでは大きく分別がつけられる判断基準に変更になったと考えられるのです。ですのでデリヘルは圧倒的にふりな状況となってしまいました。店舗型の一般的なヘルスの場合には、イメクラ・ピンサロ・ホテヘル・ソープなどといったいくつかのジャンルの風俗店が該当しますが、この中からデリヘルが追い出されたと考えてしまって良いでしょう。こうなると、栄町風俗のウェブ結果も分かりやすく変化しており、デリヘル店は50位以内に数店舗しか存在しないのです。もっとも良い順位であっても30位くらいなので、圧倒的に不利な評価となっているのです。そもそもデリヘル自体がデリバリーヘルスという言葉を省略したものですのでヘルス=風俗という認識で間違いはないのでしょうが、現在ではデリヘルの4文字では、ただの造語であって深い意味までは捉えられていないようなのです。栄町は箱ヘルもデリヘルも多いわけですが、この基準で調べようとすれば当然ながらデリヘルは、かなり不利な状況なので風俗街をメインに営業しているデリヘル店は今後苦戦を強いられることになるかもしれません。

[ 2015-09-29 ]

カテゴリ: デリヘル体験談